<   2009年 07月 ( 15 )   > この月の画像一覧

フラダンス~♪

本日2回目の記事アップです。
実家に帰った時しかアップできないので
だいたい週に1回ぐらいかな~。
猫ブログランキングもどんどん落ちちゃうけど
別に何が出るわけでもないので(笑)
ぼちぼち閲覧いただければ幸いです(^-^)

さて、実家に戻ってきたら
メタボネコ、ツブさんがダイエットに励んでおりました。
ただのダイエットじゃつまらない、ということで
フラダンスを始めたそうです!

b0189509_14401715.jpg


ウエスト周りのシェイプアップには
もってこいなんじゃないでしょうか?!






・・・・種明かしをすると、こういうことです。

b0189509_1441312.jpg


父と猫じゃらし(写真では見切れてますが)で
遊んでいたのですね。
8歳のオッサンですが、弾丸並に力強い遊びをします・・・。
メタボな上にパワーが凄いから
スリスリされるだけで、こっちがコケそうになるんですよ(>_<)
・・・ツブさん、本気でちょっと痩せて下さい!

にほんブログ村 猫ブログ 老猫・高齢猫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活へ
にほんブログ村
↑参加してます。ポチっとしてね♪
素敵な猫ブログが沢山あります!
by babyleaf0530 | 2009-07-31 14:46 | 我が家のニャンズ

お供え・その2

ミケへのお供え、缶に変わりました。

b0189509_1321841.jpg


カリカリだと、ツブに全部食われちゃうので・・・。
ミケ、申し訳ないけど自分で開けて食べてちょうだい(^ ^;

まだ、遺骨を抱いては涙する日々が続いています。
ただの四角い箱ですが、不思議な事に
抱いていると、ミケを抱っこしている気分になります。
撫でていると、ミケの頭を撫でている気分になります。

ただの四角い箱だけど・・・
ただの四角い箱ではない。
これはミケの魂です。

そんな日々ではありますが、
すでに新しい家族ニャンを迎える計画を立てています。
今度は実家ではなく、自分の住むマンションの方へ。
ネットの里親探しコミュニティで気になった子なんですが、
なんせ自分は独居で日中は留守にしているので
保護主さんがOKしてくれるかどうか。
うまくいけば、晴れて二児の母となります(笑)

その時は、ちゃんとミケに了解を得ないとね!

にほんブログ村 猫ブログ 老猫・高齢猫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活へ
にほんブログ村
↑参加してます。ポチっとしてね♪
素敵な猫ブログが沢山あります!
by babyleaf0530 | 2009-07-31 13:11 | ミケと過ごした日々

タイトルのこと

もともとはミケの闘病記として
開設したこのブログ。
最初のタイトルは、美猫ミケの「老後な日々」。
でもミケ亡き後となっては
タイトルもそれに伴って変更しなければりません。

何度か迷っていい加減な名前に
変更を繰り返しましたが、
今の「ミケ子のいた風景」、
これに決定です。

このタイトル、実は
5年前に他界した母の、
追悼本のタイトルのパクリです。

b0189509_0115621.jpg


マスコミの第一線で定年まで活躍した母は
友人知人も大変多く、
その方々へのお礼も込めて
母の残したわずかな生命保険金で
一周忌の際に、家族全員で力を合せ
追悼本を作り、配布したのでした。

ともに過ごした大切な家族への
哀悼の意を表して、
ミケ子にも、母と同じタイトルを捧げます。

本の中には、もちろんミケ子をはじめとした
我が家の猫たちも登場します。

b0189509_0162053.jpg


見出しにあるプーという子も
ミケと3歳違いで、我が家で長年過ごした雌猫です。
過ごした、と過去形になってはいますが、
実は今も元気に暮らしています(現在16歳)。
ただプーは、母が他界すると同時に
家出をしてしましました。
そして、どういうわけか3軒隣の家で飼われています(^ ^;
時々見かけますが、あまり相手をしてくれないので
非常に悲しいです・・・・。
10年一緒に暮らしたのにぃ~~~!
プーちゃん、お願い!
最後はうちに戻ってきて!!

にほんブログ村 猫ブログ 老猫・高齢猫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活へ
にほんブログ村
↑参加してます。ポチっとしてね♪
素敵な猫ブログが沢山あります!
by babyleaf0530 | 2009-07-27 00:23 | ミケと過ごした日々

あの・・お供えなんですけど・・・

あの~、ツブさん、
あなたが恍惚とした表情で食べてるソレ、
ミケへのお供えなんですけど・・・

b0189509_13412827.jpg

まぁ、言って聞かせても分からないよね(^ ^;

さて、ミケブログで初めて、
我が家の同居ニャンの紹介をします。
本日は、8キロのメタボネコ、
ツブちゃんの紹介です。

b0189509_13435497.jpg

メタボ、と書きましたが、
実際は大変な筋肉質で、
猫のくせに、カッチカチやで~!って感じです。

ツブちゃんは、今から8年前
私が仕事の帰り道、
銀座のど真ん中、歩道の植え込みの中で
木に引っ掛かってギャーギャー鳴いてる所を
保護しました。
助けたものの、そのまま放っておくこともできず
仕方なくかばんの奥に突っ込んで、
電車で1時間の道のりを帰宅したのでした。
あの時は片手の平でも余るぐらいの仔猫だったのに
まさか8キロの大猫になるとは・・・。

ツブの本当の名前・・・というか、
語源は「チビ」です。
東北訛りでツブとなりました・・・。
父が山形人なので(^ ^;

先住猫に交じっても物おじしないツブ、
ミケも尻尾で遊んでやっています。
ミケ優しい~~~♪

b0189509_13534929.jpg


こちらは、あおむけで寝るツブ越しのミケ。
闘病中の、5月下旬の写真です。
ボケが強すぎて、ツブがなんだか分かりませんが・・・。

b0189509_13554089.jpg


まー、どうでもいいんですが
ツブさん、食卓の上でくつろぐのはやめて下さい!


b0189509_13564816.jpg

にほんブログ村 猫ブログ 老猫・高齢猫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活へ
にほんブログ村
↑参加してます。ポチっとしてね♪
素敵な猫ブログが沢山あります!
by babyleaf0530 | 2009-07-24 14:00 | 我が家のニャンズ

川崎のキジちゃん

ペット霊園から、先日府中街道で保護した
川崎のキジちゃんの埋葬が、
無事に営まれたと連絡がありました。

b0189509_184120.jpg

管轄の保健所や、mixiの地域コミュで
このキジちゃんの情報提供を呼びかけていますが
今のところ、キジちゃんを探しているという
問い合わせは残念ながらありません。
純粋にノラちゃんだったのかな。

いま思うと、どうしてあの子のお顔を
もっとちゃんと見てあげなかったのだろうと後悔します。
あの子に最後に出会ったのが私なのに。
頭から血を流していたのが可哀相で、
保護した後も背中を撫でる事しかできなかった。

目をつぶっていましたが、まだ若い、可愛い女の子でした。

ろくに処置する事も出来ずに、
家に着くなり、キツキツの段ボールに
詰め込んでしまって…可哀相な事したな、
さぞや窮屈だった事でしょうに。
お葬式の日、兄に
「そんな箱に入れて!」って怒られちゃいました…。
他になかったんだよぉ…急な事だったし(>_<)

でも無事にお墓に入った今は、他のワンニャンたちと
元気に遊んでくれていると思ってます。
近々、お墓参りに行かないとな。


余談ですが、昨日近所のデパートの中にある
ペットショップを出来心で覗いてみたら、
他のブティックや雑貨屋さんと同じように
ワンちゃんニャンちゃんたちに
《セール!》の文字が付けられているのを見て
なんとも哀しい気分になりました…。
命あるものに対して、セール品って…。
だからペットショップって、行く気になれないんだよな~(T_T)

にほんブログ村 猫ブログ 老猫・高齢猫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活へ
にほんブログ村
↑参加してます。ポチっとしてね♪
素敵な猫ブログが沢山あります!
by babyleaf0530 | 2009-07-20 18:04 | ねこ話

家族としての責任

ミケ子とお別れして、早くも1週間半。
荼毘に付してからは、気持ちの整理もつき
普段と変わらない日常を取り戻しています。

でも、家に帰っても待ってる相手がいないというのは
何となく、帰りの家路がガックリとします。
いや、実家には父もいるし
他に2匹の猫もいるんですけどね・・・
ミケは本当に、自分の帰りを
いつも待っててくれていたので。


ミケの最期からは、
本当にいろいろ学ぶことがありました。
ミケ以前にも、我が家には
自分が赤ん坊の頃から数えて
歴代3匹のニャンコがいましたが、
これまでの子は皆行方不明になったり
事故死だったりで、
最後まできちんと看取ることができたのは
実はミケが初めてなのです。

よく、「死ぬのがかわいそうだからペットが飼えない」
などと言う人がいますが、
それって無責任だと思いませんか?
生き物なんだから、いつか死ぬのは当然。
最後まで見送って初めて、
飼い主としての責任を果たせるのではないでしょぅか。

また最近は、老いて弱ったペットを
愛護センターに持ち込んで、
殺処分にする飼い主も多いと聞きます。
元気でかわいい時期だけ可愛がり、
老いたり病気になったりと、手がかかるようになったら
簡単に見捨てるなんて・・・・
ペットはただのアクセサリーですか?

同じく愛護センターに持ち込むパターンとして、
子供が可愛がっていたペットが弱った際に、
死にゆく姿を子供に見せるのがかわいそうだから、
と親が持ち込んでくる事があるんだとか。
それって正しい教育でしょうか?
動物の一生をすべて見せること、
「世話をする」「共に生きる」ということの責任の最終地点が
そこにあるということを教える事こそ
ペットを飼う意味そのものなんじゃないでしょうか。
ただ可愛がるためだけに飼う?
それは絶対に間違ってる。

そういう甘やかしばかりしているから
精神的に弱い人間が育つんじゃないでしょうか。
「綺麗なものしか見ない」
「好きな事しかしない」
「好きな物しか食べない」
そうやって、辛い部分や汚い部分を避けて(避けさせて)
育っていくから、忍耐力が身につかない。
物事を長続きさせることができず社会に適応できなかったり
すぐにキレて、当たり散らしたり
・・・極端になれば人を簡単に殺めてしまったり・・・
そういう人間が増えているのは
甘やかし教育が蔓延した弊害ではないでしょうか。

ミケが死んだとき、私はすぐに
「幼い甥っ子たちにもこの姿を見せよう」
と思いました。
兄も、義姉も快く賛成してくれました。
甥っ子たちは、ミケのお葬式が終わって家に帰ってからも
しばらくミケの話をしていたそうです。
良い経験をさせてやることができたと思います。


と、長々こんな脱線話を書き連ねてしまいましたが、
ミケの死は、そんな事を考えさせられる良い機会でした。
私はペットショップで猫を買うことはしませんが、
また何かの形で、縁のある猫ちゃんと出会えば
その子を我が家に迎えるつもりです。
実家にはすでに先住猫がいるので、
今度出会いがあったら、私が一人で暮らしてるマンションに
新しいパートナーを迎えようかな。
待ってる相手がいるとなると、まっすぐ家に帰るようになる。
そうすれば、外食や飲みも減る・・・・
ニャンコの存在って、そういう経済効果もあったりして?!

b0189509_1334183.jpg


にほんブログ村 猫ブログ 老猫・高齢猫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活へ
にほんブログ村
↑参加してます。ポチっとしてね♪
素敵な猫ブログが沢山あります!
by babyleaf0530 | 2009-07-17 13:40 | ミケと過ごした日々

旅立ちの日

7月12日日曜日、
多摩の丘にさわやかな風が吹く
よく晴れた日でした。
今日はミケがお空へと旅立つ日です。

最後のお散歩を終えた後、
旅立ちの船にミケを乗せました。

b0189509_1056889.jpg


かわいいお花にいっぱい囲まれて、幸せそうです。
ふたを閉めて、窓を開けるとこんな感じ。

b0189509_10571497.jpg


霊園に指定された棺桶はとても立派なもので、
ミケには大きすぎるかな?とも思いましたが、
お花を一杯入れて旅立つには
このくらいの大きさがあっても良かったのかもしれません。

b0189509_10592291.jpg


霊園で、兄一家と合流。
兄も、家庭を持って家を出るまでの約15年、
ミケと一緒に過ごしました。
大変な鼻炎もちですが、ねこ溺愛度は相当なものです。
4歳と2歳半の甥っ子たち。
冷たくなったミケの身体を撫で
「ミケちゃん、バイバイ」と手を振ってくれました。

b0189509_113867.jpg


ちなみに、手前に見える段ボール箱は
3日前に府中街道で保護したキジネコちゃんです。
一緒にお見送りして、お墓に入れてあげることが
出来たのは良かったですが、
こうして並べると、ミケとあんまりにも差があって
かえって申し訳なく思えてきちゃいました・・・。

お世話になった、永山動物病院の先生から
花束が届きました。
ミケと先生は、先生が多摩に開業して以来
それこそ10数年の付き合い。
ミケも、大好きな先生からお花をもらって
嬉しかった事でしょう。

b0189509_1151024.jpg


祭壇にお線香を手向け、
いよいよミケ子をお空へ送る時が来ました。
毛(遺髪と言うらしい・・・)を切り取って
ケースに入れて残す飼い主さんも多いらしいですが、
私は体の一部を手元に残すのはかえって辛いので、
そのまま、綺麗な姿で旅路へ向かわせました。

b0189509_119739.jpg


霊園は、緑に囲まれた丘の上にある
広々と気持ちのいい空間です。
火葬の間、甥っ子たちがこうやって
かわいく元気にはしゃいでいてくれたことで
辛い気持が紛れて救われました。

b0189509_1113369.jpg


火葬には1時間半ほどかかると言われていましたが、
1時間ほどで終了。
ミケちゃん、ガリガリだったからな・・・・。
小さな骨までびっくりするぐらいきれいに残っていて、
担当の方に感謝しました。
いや、実際は炉のクオリティのおかげでしょうけど(笑)

子供達も「ミケちゃん、骨になっちゃった・・・」
と、ちゃんと分かっているようでした。
とくに4歳のお兄ちゃんは、お骨を見つめる目に
憂いを含んでいるように感じました。

b0189509_11185640.jpg


家族みんなでお骨揚げをし、
ミケを19年過ごした自宅へ連れ帰りました。
ミケ、おかえりなさい。
長い旅の終着点は、またここにあるからね。

今、ミケは母や祖母たちと一緒に
仏壇でお休みしています。
今後このお骨をどうするか、まだ決めかねています。
さすがに個別のお墓を建てる予算はないので、
納骨堂に収めるか、合同墓地に入れて
墓誌に名を刻んでもらうか・・・・。
お世話になった動物病院の先生の
愛犬も納骨堂に眠っているので、
おそらく、ミケもそうすると思いますが、
私の気持ちとしては・・・・
まだもうちょっと、ここで一緒にいてほしいな。

b0189509_11243411.jpg



にほんブログ村 猫ブログ 老猫・高齢猫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活へ
にほんブログ村
↑参加してます。ポチっとしてね♪
素敵な猫ブログが沢山あります!
by babyleaf0530 | 2009-07-14 11:35 | ミケと過ごした日々

最後の抱擁

b0189509_23192.jpg


ミケをお空へ送る船に乗せる前、
ミケを抱っこして、家の周りを散歩しました。

ミケ、19年間ありがとう。
永遠に愛しているからね♪


にほんブログ村 猫ブログ 老猫・高齢猫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活へ
にほんブログ村
↑参加してます。ポチっとしてね♪
素敵な猫ブログが沢山あります!
by babyleaf0530 | 2009-07-13 02:35 | ミケと過ごした日々

美猫だにゃ~

ミケの遺影です。
多分、3~4歳ぐらいの時の写真だと思います。
二重アゴだけど(笑)

b0189509_1138541.jpg

う、美しい・・・・!
親バカですみません(笑)

余談ですが、19歳で旅立った猫ちゃんの遺影に
4歳の時の写真を使うのは
なんら構わないと思いますが、
よく事件なんかで、30歳ぐらいの犯人(被害者)なのに
高校の卒業アルバムの写真が使われたりするじゃない?
・・・あれ、自分だったら絶対に嫌です(- -;
もうちょっと、今の方がマシな顔してますから~!

にほんブログ村 猫ブログ 老猫・高齢猫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活へ
にほんブログ村
↑参加してます。ポチっとしてね♪
by babyleaf0530 | 2009-07-12 11:42 | ミケの紹介

共に旅立つ仔

このブログに、
ミケちゃん以外の子が登場するのは初めてです。
うちにはミケ以外に2匹の子がいますが、
今回登場するのは、うちの子ではありません。

今朝早く、車で仕事に出た帰り道、
道路で車にはねられ、
逝ってしまったばかりの子を保護しました。

まだ早朝だったので、それほど車の往来も
激しくなかったのが幸い。
日中の交通量がとても多い道路なので、
発見が遅かったら、次から次へと轢かれて、
この子の姿がどうなっていたか分からない。

助手席に乗っていた友人は、
「私だったら目をそむけて通り過ぎてると思う・・・」
と。babyleafちゃんに見つけてもらえて良かったね、と。

放ってなんかおけないよ。

22年前、ちいちゃんが車に轢かれて
変わり果てた姿で我が家に戻ってきた時、
私はまだ子供だったけど、辛くて辛くて仕方なくて、
ちいちゃんを轢いて、そのまま助けもせず
逃げ去った犯人の事が許せなかった。
犯人がちいちゃんが受けた痛みと同じ痛みを受けて
死んでしまえばいい、と恨んだ。

私は簡単に、会話の中に
「死ね」とか「殺す」という言葉を使う人が信じられない。
その言葉が、どれだけ恐ろしい意味を持ってるか分かってるの?
言葉には魂があるんだよ。
だけど、あの時は本気で
「ヤツは死んでしまえばいい」と思ってた。
私も鬼じゃん。

今回この子を死に追いやったドライバーは、
何も感じることがなかったのだろうか?
まだ明け方で暗かったし、
この子も黒っぽいから、本当に見えなかったのかな?
でも猫がぶつかる衝撃って、結構大きいんじゃない?
気付かないわけないよね?


普段私が車で仕事に出て帰るのは
夜中の2時すぎですが、
今日は付き合いがあり、朝方になりました。
しかも今日は臨時出勤でした。
普段は通らない曜日・時間に車を走らせている時に
この子に会ったというのも、
ミケをお空へ送る、その前日にこの子に会ったというのも、
きっと何かの巡り合わせなんだろうと思いました。

この子が、私を引きよせたのか、
それともミケが、不意に天に召されたこの子を不憫に思って
私に会うように仕向けたのか・・・。

どちらにしてもこれは運命です。
明日、ミケと一緒にこの子を送ってあげます。
ミケ、よろしくね。

頭から血を流してはいますが、車にはねられた割には
綺麗な姿で眠っています。
b0189509_9595612.jpg


おそらく野良ちゃんだとは思いますが、
万が一飼い主さんが探しているとも限らないので、
管轄の警察と保健所には連絡しておきます。
有難い事に、このブログにも
沢山の方が訪れてくださっているので、
もし現場近所の方・・・この子に心当たりがある方が
ここの読者の中にいたら、
この子もきっと、浮かばれることでしょう。

***********************

日時:7月11日 午前5時頃
場所:川崎市中原区宮内付近の国道409号線(府中街道)

特徴:キジトラの女の子
    お腹と、鼻先、手足の先が白
    肉球は黒
    尻尾が丸い
    体重3キロぐらい

************************

情報をお待ちしております。

にほんブログ村 猫ブログ 老猫・高齢猫へ
にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活へ
にほんブログ村
↑参加してます。ポチっとしてね♪
    
by babyleaf0530 | 2009-07-11 10:13 | ミケと過ごした日々

インストラクター・土居葉子です。バレトン・バレエ・ヨガを担当。レッスンのご紹介と、我が家の猫達の話題。主に東京西部のスポーツクラブでレッスンを展開中!詳しいスケジュールは各記事の末尾へ。


by babyleaf0530
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る